高齢化が進む中で

    高齢化が進む現在、お墓に関心を持つ方が増えています。先祖代々の墓に入らすに自分で新たにお墓を購入する方も多く、...

    Readmore

    業者を選びましょう

    墓を作る場合、重要となるのが依頼する業者選びです。理想の墓作りでは、自分の希望を出来るだけ叶えてくれるような業...

    Readmore

    自分で準備する現代の日本人

    近頃では、残された家族が困らないようにと自分の葬儀や霊園選びまで、元気なうちに全て自身で決めて準備しておく人が...

    Readmore
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
お墓ディレクター

クレイアート お墓 

「お墓」とは、亡くなった人の遺体(日本では遺骨)を収めて、故人を弔う場所のことをいいます。
主に、寺院や協会の管理する墓地や、地方自治体の管理する霊園や公園墓地などに建てられます。
墓の素材は主に、石が使用され、墓石は石材店などから購入・作製依頼するのが一般的です。
墓石には、「お墓ディレクター」という資格を所有した専門家が存在します。
「お墓ディレクター」とは、日本の石の関連業者で構成された「日本石材産業協会」が行なっている検定試験に合格した資格保有者のことを指します。
「日本石材産業協会」とは、採石業者・石材加工業者・墓石小売業者・石材輸入業者・石材建築業などの石の関連業者すべてで組織されている団体のことです。
およそ1300社という日本全国の業者で構成されています。
「お墓ディレクター」は、墓や石についての正確な知識をもち、墓購入者に的確なアドバイスのできると認められた人に与えられる資格です。
この資格には、一級と二級とがあります。
二級資格の定義は、「墓を販売する者としての、最低限の基礎知識・教養・墓の歴史・文化等の情報を備えていること」となっています。
一級資格の定義では、「墓を販売する業界人として、幅広く深い知識・技能・教養・あるいは歴史・文化等の情報を備え理解していること。
それらをお客様に的確に提案・発信して行くことで墓文化の発展に貢献できる人」となっています。
一級資格は、実務経験が7年以上で、二級資格の保有者のみが検定試験を受験することが可能です。
また、「お墓ディレクター」の資格の保有者は、協会のwebサイトなどで名前の閲覧や検索ができるなど、厳しい管理体制がしかれています。
このように、お墓ディレクターには、墓に関するざまざまな疑問や墓石の素材・産地の相談などをトータルに相談することが可能です。
また、寺院や霊園の選択時の見学に、同行してくれるなどのサービスがある場合もあります。

オススメリンク

墓石の購入ならこちらで各社の見積もりが可能です!|墓石コネクト

多磨霊園の石材店です。お墓参りに優しさを。|有限会社 石山石材店

都内でお墓の建て替えを行うならこちらへ|石鵬

お墓参り代行もしてくれる墓石掃除のプロを探そう【お墓掃除の口コミ】

高齢化が進む中で

高齢化が進む現在、お墓に関心を持つ方が増えています。先祖代々の墓に入らすに自分で新たにお墓を購入する方も多く、…
Read more

業者を選びましょう

墓を作る場合、重要となるのが依頼する業者選びです。理想の墓作りでは、自分の希望を出来るだけ叶えてくれるような業…
Read more

関連リンク